忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全くもって、真意などございませんシリーズ01


膀胱炎を改善する方法 [DVD]

拍手[0回]

PR

「臨場」映画化

2009,2010年の4月クールに水曜21:00枠で放送されて、

妙に視聴率の良かった、「臨場」がこの度、テレビを通り越して映画化されることが
今日発表された模様です。

内野聖陽主演『臨場』 映画化決定! 昨年“民放連ドラ平均視聴率”首位作が銀幕へ
オリコン 12月26日(月)5時0分配信


東映公式
「臨場 劇場版」公式

公開日は2012年6月30日(土)、クランクインは昨日の12月25日、クランクアップ予定は1月下旬!だそうですね。

映画の公式サイトにもありますが、気になるスタッフは、
プロデューサー:佐藤凉一、目黒正之、横塚孝弘、のテレビシリーズと全く同じメンバーと、
越智貞夫(コブラピクチャーズ)氏。
脚本:尾西兼一(テレビシリーズでは、第一章で2本、続章で4本執筆)
監督:橋本一(初回・最終回・各シリーズ最多回数担当)

テレビでは、脚本は坂田義和氏の方がメインという感じでしたが、
尾西氏もかなり重要なエピソードを執筆されていましたね。
目黒P的には「はみだし刑事情熱系」で8年間がっつり一緒に仕事されていますし。


まあ、いきなり映画化で大勝負か!?という思いもないと言ったら嘘になるのですが、
多分もうテレビシリーズは、難しいと思うので、これはアリだと思います。
(※元々テレビはあれで完結したという思いもスタッフにはあったようですし、
また、主演・内野氏の飲酒運転&不倫騒動で、
水9(というか水10→木9からですが)スポンサーの日産が難色を示したという報道が一部あったりしました。
金9・ABC枠の「どや顔サミット」が年末で打ち切りになって、
「臨場3」でドラマ枠復活なんていうガセネタもありましたが。)

橋本監督も「探偵はBARにいる」はヒットしたことですし、
映画ならいろいろ条件がいいんじゃないか!という部分があったのかもしれませんね。
あらすじや、スタッフ編成を見ても、おそらく期待を裏切らない作品になるんじゃないかと私は思います。

絶対に見に行きます。


(オリジナルサウンドトラック 橋本監督のコメントつき)


(スペシャルブック 文庫版。基本設定のおさらいや、続章のために書き下ろされた原作も読めます)

拍手[0回]

次回のゴーカイジャー

今日放送の「海賊戦隊ゴーカイジャー」の次回予告(第45話、来年1/8放送分)で、

6人で全員ブルーに変身しているシーンがありましたが、

立ち位置や体型・演技から察するに、

レッドゴセイブルー
ブルーシンケンブルー
イエローブルードルフィン
グリーンタイムブルー
ピンクマジブルー
シルバーアオレンジャー

に変身しているかと思うんですが、

シルバー以外の5人は、それぞれスーツアクターの方が、以前レギュラーでやっていた役になっているんですよね。
(シルバーの佐藤さんは、今回がはじめてのヒーロー役なので、実質全員ですね)
すごい気が利いているな~と思って、わざわざ書いちゃいました。

グリーンの竹内さんは他にもブルーいっぱいやってますけどね。
(オーブルー、ブルーレーサー、ボウケンブルー、ゲキブルー)
まあ私はその中で(作品として)タイムレンジャー好きなんで、嬉しい限り(?)ですが。

あと、ブルードルフィン・マジブルーはゴーカイジャー本編では、
男バージョンの方の登場ばかりなので、逆に新鮮です。おまけに役者さんがオリジナルてのは嬉しい限り…
特に蜂須賀さんのブルードルフィンは。


そういえば、スーパー戦隊カラー一覧のページですが、
我ながら、もう少し遅いタイミングにすればよかったのに、
現在一部レイアウトリニューアル作業中で、更新が少し遅れます。すみません。
まあ来年以降もボーイズトイ事業部では、レンジャーキーの発売が続行されるので、
それを受けて一部仕様を変えます。

フォーゼの方も、近いうちモジュールの登場話数の記載を足す予定です。

トップページも、気が向いたら改良します。気が向いたら…


▽2012年1月発売レンジャーキー


(ガオレンジャー)


(サンバルカン)

P.S.個人的に、食玩あたりは、TV本編に役者さんが出たキャラ(レッド以外※)を発売したら良かったのに、
とか思ったりします…。トリケラレンジャーとクローバーキングはかなり嬉しかったですが。
 ※イエローライオン、ブラックコンドル、(ニンジャホワイト、)オーピンク、
  ゴーピンク、タイムイエロー、アバレブルー、アバレピンク(笑)

拍手[0回]

モヤさま・伊藤Pの本

モヤさま・伊藤Pの書いた書籍
「伊藤Pのモヤモヤ仕事術 (集英社新書)
伊藤 隆行」、買いました。

以前から知っていたのですが、店頭で売っているのを見かけなかったですし、
割とビジネス向けの本なのかなー、と勝手に思ってネットでも注文してなかったのですが、

今日たまたま本屋さんで発見。テキトーに立ち読みしたら、面白かったので購入しました。

新書ですが、かなりフランクな文体で、非常に読みやすいです。

伊藤Pのプロデューサーとしての仕事のモットーの話や、
結構具体的な番組の裏話も読めて、
私のようなスタッフが気になりがちな体質からすると、正に楽しめる内容ばかりでした。

あと、テレビ東京のず~~~っと最下位という話とか。
民放キー局としては特殊な立ち位地にある「テレ東」の社員・プロデューサーであるという認識は
かなり強く描かれていると思います。
最下位だからこそできる強みを活かして、くだらない企画を制作されているのですね。

裏話としては、「怒りオヤジ3」「モヤモヤさまぁ~ず2」の数字の謎の本当の意味がわかります。
一緒に、ゴールデン進出直後に「シルシルミシルさんデー」が始まった時に
伊藤Pが言っていた、テレ朝への個人的な恨みも、おそらくこの関係だと思われます。

あと、編成局時代に書いたとんでも没企画も必見ですね。
またPとしては駆け出しの頃の、「大人のコンソメ」「ゴッドタン(1)」、「やりすぎコージー」で
上層部やスタッフから怒られた話とかもあります。

その他、震災の話や、今後のテレビのあり方などの定番も抑えてあります。

また、章と章の間に、伊藤Pをよく知っている、
大江アナ、さまぁ~ず、大橋アナ、作家の北本かつら、先輩スタッフの方、

そして、あとがきで、伊藤Pのが、伊藤Pについてざっくばらんに書いています。

もしかしたら、あとがきが一番面白かったかもしれませんね(爆)。



▽確か2012/02/01発売のDVDはこちら



拍手[0回]

元日21痔の三重殺(トリプルプレイ)

たまたま某掲示板で知ったのですが、
来年元日、日曜日21:00に放送する「嵐にしやがれSP」の企画が、
公式ホームページ(http://www.ntv.co.jp/arashinishiyagare/)によると、

>元日よる9時からは伝説の怪物番組制覇しやがれ2時間半SP!
>伝説のマジカル、ショーバイが嵐で復活!
>更には元気が出るテレビ&お笑いウルトラクイズで史上初、嵐がドッキリに!
>嵐初の冠番組真夜中の嵐も復活!
>嵐は伝説の番組をいくつ制覇できるのか?

うぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

マジカルはレギュラー終了後、2001年年末にスペシャルをやったり、
24時間テレビで、ちょっとマジカルバナナをやったりもありましたが、

まさか「SHOWbyショーバイ」を取り上げるなんて!
まあ、終了後も、番組対抗はそのままのショーバイが基のフォーマットだったり、
「おじゃマンボウ」や「Goro's Bar」で何をつくっているんでしょうか?
をやったりしていましたが・・・・
(アレは番組対抗見直しても思いましたが、解答者がバラエティ慣れしていないパネラーの方でも盛り上がるですよね。)

まあショーバイとかマジカルとか、
ちょうど嵐の人たちの世代の人が、小学生時代ハマって見ていた感じですかね。

でも裏は、相棒SPと、トリビアの泉SP。
まあ録画機2台あるので、3番組録画は可能ですがねぇ。
嬉しい悲鳴と言いますか。でも悲鳴ですよね。

そういえば、「ミタ」が40.0%取ったのを知って、何故か「横取り40萬」がふと頭に浮かんだ私…




ってコレ(92年発売のボードゲーム第2弾)中古販売でもamazonにあったのが驚き…

拍手[0回]

PAGE TOP