忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少女コマンドーIZUMIと妄想捜査

CS東映チャンネルで先ほど19:00から、
念願の「少女コマンドーIZUMI」がはじまりまして、リアルタイムで視聴しました。

思ったよりかなり面白かったですね。
スケバン刑事より研ぎ澄まされた感じでいいですね。
もしかしたら、結構(1,2話監督の)大井利夫監督の演出が私好みなのかもしれません。
初期に「相棒」も担当されていましたが、大井監督担当回(参考)も好きなのが多いですし、
「相棒」はかなり世界観とハマってたと思うんですけど、
何故かシーズン2までで離れてしまっていて、残念ですね。
(TVの仕事自体も、東海テレビの「安宅家の人々」以降ないっぽいのですが…)

まあ以前このプログ(コレ)にも書きましたが、視聴率は前番組「スケバン刑事III」に比べると
最初から低くて、おまけに初回9.0%が最高で、ラス前3.6%という推移的にもかなり悪い方…。

ヒットして2年続いた「ゴレンジャー」の独特な感じに対して、
「ジャッカー」がハード・シリアス路線に切り替えてコケたのと似たような感じかもしれません。

(そういや当時の“東撮第2製作30分もの”木19:30→月19:30枠では
唯一の原作者なしのオリジナルなんですね。
もし億が一(微笑)、リメイクとかになったら原作は「東映テレビ部」名義とかになるんでしょうか。
それって実質「八手三郎」と同意な気がしますが…

…ちなみに私が「少女コマンドーIZUMI」の存在をはじめて知ったのは、
'99頃に読んだ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」の
マサルの小学生時代にぶりっこ女子高生たちに「少女コマンドーマサル」と自己紹介するくだりでです。)


あとそれと面白いけど低視聴率つながりでもう1番組。

現在放送中の、東映ドラマ、
日曜ナイトプレミア「妄想捜査 桑潟准教授のスタイリッシュな生活」
一昨日放送の「第3妄想 謎のミステリーサークル!!」は、
まさかの麿赤兒がメインゲスト、ガダルカナル・タカ(本人出演)のネタなど、かなり面白かったのに、
視聴率がまさかの 3.9% でした。
サッカー日本代表戦(15%くらい)のあとだったのに…負けたから終盤は下がってったのかもしれませんが…

ちなみに初回「第一妄想 死を呼ぶ雪の密室!!」から5.7%と低めで発進、
第一妄想と、第3妄想にくらべると笑いどころは少なめだった
「第2妄想 謎の怪盗チャックマン!!」も初回と同じ5.7%だったんですが…
(※初回5.7%はこの枠の初回としては最低、3.9%も枠歴代最低だっピョーン)

「ボボボーボ・ボーボボ」もギャグの密度が濃かったけど視聴率悪かったしなぁ。
(とはいえ2003-2004年のテレビ朝日の土曜19:28-20:00で平均7%くらい。
去年春まで火曜19:27にやってた「デジモン」は2-3%くらいでした…。)

う~ん、このまま伝説に化してしまうかもしれません…

そういえば杉本有美は、レギュラー扱いじゃないけど今のところ全話出てますね。
むしろミステリー研究会の部員3名よりも目立ってるような…
まあ東映側のサブプロデューサーが「ゴーオンジャー」もサブでやっていた和佐野Pですしね。


番組DVD (全話収録ですが、BOXではありません)


(後期エンディング収録)

拍手[0回]

PR

ソフトバンクモバイル 922SHの画像加工機能とSANWA SUPPLY CD-ANM57 アニマルクリーナー(ペンギン)であそぶ

私は、デジタルカメラは持っておりませんで、
全て携帯電話の方で済ませております。
SOFTBANKの922SHという機種です(色はホワイト)。
購入したのが2008年末なので、2008年頃のモデルだと思うのですが、
スマートフォンではありませんが、キーボードが付いていて、文字を打つのはすごい楽ですね。

それで、まあかなり以前の携帯電話からあると思うんですが、
撮った写真に、編集できる機能がささやかながら付いています。

写真の人の目が炎になったり、涙が出るようにしたり、
全体をセピア調にしたり、とまあ大したものはできない感じです。
(10年以上前のプリント倶楽部LEVELくらい??)
それで、「フレーム」という項目もありまして、まあ文字通り額縁的な役割を持たせたり、
あと観光地によくある、頭だけ穴があいた、人物や動物の絵の看板みたく、
撮る写真を、そのフレームにあわせた位置の顔にやって、バカして遊べる、という訳ですね…。

具体的には…
ペンギン看板
こんなんとか…。(黒部分は元の写真にあたる部分です)

で、最近ヨドバシカメラで

こちらの「SANWA SUPPLY CD-ANM57 アニマルクリーナー(ペンギン)」
というペンギンのぬいぐるみの形をした、パソコン用のクリーナーを
かわいく、思わず買っていました。名前は「ペンポンさん」です。

という訳で、みなさんもうこの先やりたいことはバレバレかと思いますので、簡潔に終わりたいと思います。

ペンギン看板
      +  
     ペンポンさん
      ↓  
     ペンギンin吹雪のペンギンペンギンペンギン

以上、失礼しました。

拍手[0回]

おみやさんに、マッドポリス3名と毒姫と私が!!

先週の13日(金)にCSテレ朝チャンネルで放送された、
「京都鴨川東署迷宮課 おみやさん」(2002年,パート1)のfile No.5に、
まだ中3くらいの、黒川芽衣がゲスト出演していました。(ケータイ刑事やる前かな?)
当時「おみやさん」のプロデューサーを担当していた丸山真哉Pは、
黒川芽衣が小5時代にレギュラー出演していた「テツワン探偵ロボタック」のPでもあったので、
その関係かもしれませんね。

それで「おみやさん」の準主役・櫻井淳子と、その黒川芽衣って、
まんま昨年2011年秋の昼ドラ「毒姫とわたし」の主役2人まんまやん…っていうだけの話。

と思わせつつ、記者の役で、中西良太も出てるではありませんかっ!!
渡瀬恒彦、片桐竜次、中西良太・・・とくれば、
そう!「大激闘マッドポリス'80」でももっとも体を張ったアクションを魅せてくれたお三方ですよ。
2人ずつ揃うのはしょっちゅうですが、3人は珍しいかも。
まあ3人で同じシーンに映ることはありませんでしたが。


さらに、今週月曜・16日のテレビ朝日ローカルの再放送枠(劇的空間)でも、
「おみやさん」の放送で、こちらは2008-2009年に2クールやった、パート6の第3話。
で、こっちもまた黒川芽衣がゲストでおったまげ… あと個人的には、春田純一にも気になりましたが…

黒川芽衣はこのおみやさんでの2役も、更に東海テレビの昼ドラでやった2役も、
みんな出生に過去のある女性の役でしたね…。


そういえば、この1年間は<<渡瀬恒彦>>三昧でした。
2010年からの引き続きで、冬は、CSファミリー劇場での「大激闘マッドポリス'80」「特命刑事」。
春に「おみやさん」、夏に「新・警視庁捜査一課9係」
秋にドラマスペシャル「SP 警視庁警護課」、
年末にお兄さん・渡哲也と「帰郷」(中西良太も内田有紀の婚約者(笑)で登場)
新年は、土曜ワイド劇場・新春一発目&30周年記念で「タクシードライバーの推理日誌30」
そしてTBSの月曜ゴールデンの方でも新年一発目で「十津川警部シリーズ46」
全部見ましたね…

特に彼の「マッドポリス」の男の魅力全開のアクションは、
私に対する見る目がかなり変わりました。
こんなにバリバリ主役こなしまくってる大物俳優って他にいないのではないか?と普通に思います。









拍手[0回]

「オーズ」レンタルDVD最終巻視聴

「仮面ライダーオーズ」は放送は全話ハイビジョンで録画しているのですが、
レンタルDVD最終巻が、下旬の発売に先駆けてこのあいだリリースされたので、
つい借りてしまいました。(※将軍と21のコアメダルも)

なんとなーく見ましたが、ラストシーンで思わず涙が出てきてしまいました…

私、映像作品で泣くのは、
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」#42『ブライ死す…』と
「相棒-劇場版II-」と
「仮面ライダーオーズ/OOO」の最終話

だけかもしれませんよ。




拍手[0回]

東海テレビのお家芸、新ドラマ一発目から炸裂

さて、毎度おなじみ、東海テレビの昼ドラ。
昨日、いよいよ新作の「鈴子の恋」がはじまりました。

ミヤコ蝶々の人生をモデルに、描かれるということで、
実在の人物を描く物語は東海テレビでは珍しいかもしれません。

でも、東海テレビのプロデューサーは
ドロドロ系大人のテーマパークを作らせたら日本一の、服部宣之プロデューサー。
(「偽りの花園」「麗しき鬼」「さくら心中」など…あと「インディゴの夜」「天使の代理人」も)

制作は、服部Pとは4度目の共同テレビ。脚本はこの前まで木曜劇場も書いていた、大石静。
主題歌は、松任谷由実

主演は、映美くらら&美山加恋(少女時代)
あと浅野ゆう子、片岡鶴太郎(鶴ちゃんは題字も担当!)
とゴールデンな感じのメンバーを揃えてきました。

でも、なんだかんだで、第1回は鈴子(後のミヤコ蝶々)が初恋をするのですが、
ラストで、「さくら心中」の陸男改め一座の芸人(佐野和真)と、既婚の女性の芸人(旦那役はバルイーグルこと五代高之)の
情事(不倫)を目撃してしまい、帰りがけに

鈴子のスカートのすそから、脚をつたって血が出てくる…

これで鈴子も大人…子供が出来る体になった…


という訳ですが、
この描写、多分東海テレビの昼ドラでしか多用されていないものですね(笑)

私の知る限り、初出は、2005年秋の「緋の十字架」。2番目はその次作の「新・風のロンド」
あと他にも多分いくつかありました。もはや覚えていないですが…
「新・風のロンド」も、後に主人公になる夏生が、母(小沢真珠)と叔父の情事(不倫)を見た後に
流血してましたね。
もちろん、その後の夕飯はお赤飯で決まりです。
でも、別にめでたくないのに… 薄汚いことしてる大人と同じになった訳ですし…(今作はそういうニュアンスは微妙かもしれませんが)

というか、以前にもこの話ブログで書いていました…
(こちら…http://geocities.yahoo.co.jp/gl/sabajanee10/view/200603)
※移転しました…http://sabajanee.darumasangakoronda.com/thk/-span%20itemprop--headline--_95

明日、赤飯炊くかなー



※もうすぐ発売


※いまさら発売

拍手[0回]

PAGE TOP