忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ > 【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】 「アメトーーク! 若手プレゼン大会」

【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】 「アメトーーク! 若手プレゼン大会」


深夜テレビ探検隊


出川・狩野に続く新星”三四郎”小宮が「アメトーーク」番外編に降臨
<「アメトーーク! 若手プレゼン大会」テレビ朝日3月8日(金) 27:26~28:26放送>
  
 金曜のど深夜にひっそりと放送された「アメトーーク! 若手プレゼン大会」の第2弾。前回のプレゼンでは「掃除大好き芸人」など4つもの企画が採用されただけに、今回も期待できそう。いくつか気になる企画案をピックアップしてお届けしよう。


 オジンオズボーン・篠宮は「特撮芸人」をプレゼン。「好きな敵キャラ」というコーナー案では、普通、敵キャラはヒーローに倒されて死ぬが、そういう死に方ではなかったキャラを紹介。セミの怪人なので、寿命で死んだという「クッツク法師」(『忍風戦隊ハリケンジャー』)、死の霧という毒ガスを出す最強怪人「ピラザウルス」(『仮面ライダー』)は、ジャックしたバスの中で”死の霧”を吐くが、自分で吸って死んだなど…。特撮は珍妙なネタがいっぱいあるので、企画を練りこめば、「アメトーーク」としても結構面白くなりそう。


 またテレビ東京の「ゴッドタン」ではおなじみになりつつある、新進気鋭なコンビ「三四郎」の小宮は、「声ヘンテコ芸人」をプレゼン。メンバー案で、出川哲朗や、クロちゃんなどと紹介していき、「チーモンチョウチュウの白井さん」を読もうとするが、何故か「白井」の部分をゴニョゴニョと滅茶苦茶小さい声で読んで、そのままやり過ごそうとする小宮。つっこまれると、「僕のプレゼンなんで、何でもいいじゃないですか!」とまさかの逆ギレ。


 更に「ヘンテコでよかった事・悪かった事」の良かった方の例では、「モノマネをしてもらえる」ということで「僕とかも、『おい、なんだよ、やめてくれよ』みたいな感じで」と、自分で自分のモノマネをする人のモノマネを披露するという、まさかの現象(通称「出川・狩野現象」)が炸裂。事務所も、出川や狩野と一緒のマセキ芸能社らしい。マセキ、恐るべし!! どうやら小宮は「ゴッドタン」に続き、「アメトーーク」にもハマりそう。今後が楽しみである。


その他では「うっすらハゲかけている芸人」「ブス受け入れられない芸人」「ホームセンター大好き芸人」「やさぐれ芸人」なんかが本当に実現できそうに思えた。企画だけでなく、出川・狩野に続きそうな三四郎・小宮も発掘して、今回も良い収穫になったのではないだろうか。


鯖世 傘晴


掲載作品
<アメトーーク!若手プレゼン大会>(テレビ朝日系)
新企画案「声ヘンテコ芸人」集めろ!出川哲朗、安大・クロちゃん、チーモン・白井…


WORKSへ戻る


拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP