忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ > 【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」 

【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」 

深夜テレビ探検隊
サンリオの子供向けアニメのスタッフが挑む、変態ギャグアニメ
<「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」tvk、テレ玉、チバテレ11月24日(日)24:30 ほか>
  今回ご紹介するのはアニメ「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(通称『のうコメ』)」。
角川スニーカー文庫の同名小説(ライトノベル)が原作の深夜アニメだ。主人公の高校生・甘草 奏は、神様のいたずらにより、時あるごとに、「絶対選択肢」と言う、2つの選択肢を迫られるようになってしまった。拒否すると激しい痛みが体に走る。その選択肢とは、ふざけた変態チックなものばかり。例えば、学校の帰り道の公園でたまたまエロ本を見つけると、主人公の脳内に声が響く。「選べ、1・『顔に押し付けて匂いをかぐ』、2・『食べる』」。ちなみに主人公は嫌々ながら「1」を選び、通りかかった小学生に「変態だ!童貞―!!」と罵られてしまった。
本作では、登場人物も平気で下ネタを言う変人ばかりで、全体にギャグや下ネタの応酬が続く。最近のバラエティ番組では失われつつある光景が、アニメで実現しているのである。
 こんな奇異な設定の本作だが、この題材に挑むスタッフも特筆すべきことがある。監督の稲垣隆行や、シリーズ構成・脚本の金杉弘子、またプロデューサーや各回の脚本や演出スタッフの多くも、テレビ東京系の休日朝(※テレビ東京は土曜9:30、その他の系列局は日曜7:00)に放送されている子供向けアニメ「ジュエルペット」シリーズの中核を担った事のあるスタッフなのである。
 
サンリオのアニメのスタッフがこんな変態なアニメを…と思ったら、それは間違い。その「ジュエルペット」も結構変態な(?)アニメなのである。
「ジュエルペット」はサンリオが原作の少女向けアニメなのだが、制作会社の趣向もあり、本作の稲垣監督が2年前に手がけた「ジュエルペットサンシャイン」から、とてもサンリオとは思えないような激しいギャグを仕掛けてくる作品になった。その「~サンシャイン」では、80年代のヒット曲、森川由加里のヒット曲「SHOW ME」、寺尾聰の「ルビーの指環」などをBGMとして流すなどの暴挙(※DVD化が前提のアニメやドラマでの自前以外の曲の流用は、1枚売るごとに著作権料を払わねばならない為、放送の段階でも御法度とされる行為。結局DVDでは差し替え)をしたり、子供の知らない「ひょうきん懺悔室」をパロったり、うんこ型クッキーを推したり当時一部で物議を醸した。
また、「~サンシャイン」以降のシリーズでも怪作を生み出している、脚本の金杉弘子は、以前は「社会の窓(1999年、フジテレビ)」などのバラエティ番組の構成スタッフもやっていただけあって、ギャグのセンスは抜群。ただ、その分、本作では別の脚本家の回の時は少しギャグの質が劣るような気がするし、原作通りのラブコメの部分は、必要とは言え、正直ギャグの足かせになっているとも思えるのが少し残念である。
だがしかし、あと2~3回の放送なので、裏番組がつまらなければ、チャンネルを是非回してみてほしい。いい発見になるかもしれない。
鯖世 傘晴
掲載作品

拍手[0回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP