忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ

【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】「ギリギリくりぃむ企画工場」


深夜テレビ探検隊


自分が世間から嫌われているところを当てろ!
上田が悶絶、「今度からラジオで仕事する!」

<「ギリギリくりぃむ企画工場」テレビ朝日2月10日(月) 26:06~26:36放送>


 「ソフトくりぃむ」から始まった、くりぃむしちゅーの深夜お笑い企画番組。「ゴリゴリ」「ガリガリ」「グリグリ」と来て昨秋からの「ギリギリ」で5作目である。開始当初は、それまでと違い、お笑い色の薄いトーク企画がメインだったが、年を明けてから元々のくりぃむらしい斬新な企画が復活するようになった。


 先日は「リアル市場調査 MY欠点スリー」。100人の街頭インタビューで、上田とゲストのロバート・秋山とハライチ・澤部の嫌いなところを調査。そのベスト3を自ら考えて当てるという、シンプルながらも辛辣な企画だ。


 自分で自分の嫌われていそうなところを言わなきゃいけないので、大変精神的ダメージがでかいこの企画。トップバッターの澤部は、まず「声が大きいだけ」と解答。特に無反応のスタジオに対して「『そんな事ない』って言って!」と早くも不安げ。しかしこれは見事正解。「うるさい」で1位、15票。実際の街の声では、「『面白い』というよりはうるさい」等と言われてしまう。澤部は「どうやってバラエティで戦う…?」と意気消沈。

 その他の結果は、2位「漫才が面白くない」(11票)、3位「坊主頭がダサい」(10票)。これを受けて、司会の有田が「髪を伸ばす、漫才を面白く、声を小さくすればいい」と言うと、「今までの澤部がいなくなっちゃう!」と泣き顔。


 2番手の秋山は、最近プッシュしている”体モノマネ”について「脱ぎすぎ」と答えたが、実際は「体モノマネが嫌い」というもっと強烈な正解(27票で1位)だった。
 更に「髪が清潔感がない」と答えると、こちらも実際はそれを上回って「(全体的に)清潔感がない」が正解(13票で2位)で思わず絶句。ちなみに3位は「太った体型が嫌い」で10票。


 最後に日本一の司会王・上田が挑戦。今までの2人より、冷静に戦う上田。
1位「偉そう」(15票)、3位「ツッコミが厳しい」(11票)を次々と当てる。
 しかしもう1個の2位が中々当てられず、有田からヒントで少数意見をもらうが、
これも中々辛辣で、「顔が黒すぎる」(9票)、「笑顔が嘘くさい」(7票)、「天パが嫌い」(6票)、「顔のシワが嫌い」「ドヤ顔が嫌い」(5票)、と特に顔に関することが集中。
 これには上田も「もう腹一杯です!今度からラジオで仕事する」とひれ伏す。
 ちなみに2位の正解は「理屈っぽい」で13票。尚、1票だが「まじめで面白くない」「自分の言った事で笑う」も強烈だった。


 やっぱりこの枠では、他の番組で見られない、上田が無理させられる企画が面白いから、またそういう企画をどんどんとやってほしい。


鯖世 傘晴


掲載作品
<「ギリギリくりぃむ企画工場」>(テレビ朝日系)
上田晋也ここが嫌われてる!「エラそう」「ツッコミが厳しい」「笑顔が嘘くさい」そして……


WORKSへ


拍手[0回]

PR

イナバウワーと深津絵里とパスネス・ブラザーズ……病み上がりの狩野英孝が、テレ東新番組で天然全開!! 【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】

深夜テレビ探検隊
イナバウワーと深津絵里とパスネス・ブラザーズ……病み上がりの狩野英孝が、テレ東新番組で天然全開!!
<「うらやま市」 (テレビ東京4月13日(土)24:50~25:15放送)>
 
 テレ東の土曜深夜の新番組「うらやま市」。
アンガールズ・田中、狩野英孝、ハライチ・澤部の三人が、
マイナー地方都市に赴いて、彼らならではの低~い目線で、
その街を楽しんで「うらやまし」がる、というロケバラエティ番組。

ちなみに、「うらやま市」とは、
”北関東のニューヨーク”を目指しているという架空の市で、
三人は、その市役所の観光2課(1課は有名な観光地を視察するが、
この2課は1課がスルーした町を視察する)に勤務しているという設定である。
ちなみに田中が課長、狩野が係長。


 初回は、山梨県山梨市を”視察”。
虫垂炎で二週間の入院から退院した直後だという狩野が、
二人に遅れて登場したものの、開口一番「”東京”から…(やって来た)」と、
「うらやま市」の設定を忘れてしまう、安定の天然ぶりを披露。

 その後、田中から体調は大丈夫か聞かれ、
「みなぎるパワー、溢れるパワー、イナバウワー」という謎のギャグを披露。
狩野曰く、「退院復帰後やろうと思って、入院中考えてたやつ」とのことで、
本当は復帰会見でもやったらしいが、記事では一切触れられていなかったとのことで、
この番組がめでたく初卸しとなった。 

 その後も、狩野の天然は炸裂。駅前のある立派な一軒家を訪ねた際、
住人のおじいさんが「ここら辺は”区画整理”事業をしたから」と言ったのを、
狩野は「深津絵里?」と聞き間違える。

 更に、「武田信玄祭り」のポスターを三人が見つけた時に、
「うらやま市出身の有名人もいなかったか」という話になり、
答えを振られた狩野が、
とっさに「ミュージシャンで言ったら、『パスネス・ブラザーズ』」
という不思議な音を発する。代表曲は「裸足の三男坊」らしい。

 また、田中が車を運転する役というのに文句を言った際も、
狩野は「俺はナビ…方向音痴バッチリなんで」と100点の言い間違えをしたりしていた。

 番組全体としては、富士山が見える絶景など、普通に素晴らしいものから、
「道幅が広い」「芝生が気持ちいい」という些細なことまで、「うらやまし」がる三人が素直に面白かった。

 同じテレ東の「モヤさま」にコンセプトは似てる(一部スタッフも一緒)が、
「地方都市」「うらやましい所を探す」という点で、きちんと差別化できているし、
出演者三人の良さも引き立つ企画になっているのでは。
もしかしたら「モヤさま」のように今後大化けするかもしれないので要注目だ。

鯖野かサバり

掲載作品
<うらやま市>
病み上がりの狩野英孝「頭」の方もやられたか!?意味不明ギャグ連発でアンガ田中も唖然


WORKSへ戻る

拍手[0回]

ゴッドタンでしか見られない!キレキレ谷桃子ショー最新作!!~「おっぱい見せて」編  【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】

深夜テレビ探検隊

ゴッドタンでしか見られない!キレキレ谷桃子ショー最新作!!~「おっぱい見せて」編
<ゴッドタン (テレビ東京 7月6日土曜26:10~26:35 )>

 番組の名物企画「キス我慢選手権」がまさかの映画化および公開中の「ゴッドタン」。
映画がコケると番組即終了(!)とのことで、今回はそのヒット祈願で、
通算9度目の「景気づけにおっぱいを見せてももらえ!」を放送。

しゃべくり一つで、グラビアアイドルにおっぱいを見せてもらおうという無謀な企画である。
番組によると、今までで成功したのは、劇団ひとりがプライベートで大沢あかねに成功したのみ(笑)。

 今回は、以前から番組で激しいケンカを繰り広げている、
アンジャッシュ・児嶋と、平成ノブシコブシ・吉村が挑戦。
番組から生まれた、二人が回転しながらビンタし合う様は、
「ロンドンハーツ」で何度もウケたという報告もあったが、どう転ぶか。

最初のターゲットの岸明日香(21歳)は最後に逃亡して失敗、
気を取り直して、二人目に挑むが、そのターゲットは、まさか、いや、案の定の谷桃子(28歳)。

谷もグラビアアイドルではあるが、「ゴッドタン」では、その予測できない芸と振る舞いで、
幾度となく、人気芸人たちを苦しめてきており、「モンスター」として崇めたてられている存在。

その谷は、児嶋&吉村とも過去に何度も因縁があり、いわば逆ドッキリ的な展開なのである。
いきなり「ボインボイ~ン、カバン返して~。カメラが1・2・3・4・5台ある、ありがとう、ぽ~!」
と言って登場する谷。いつも通りのコンディションである。

劇団ひとりが企画趣旨を説明すると、
「お金をくれるなら(おっぱいを)見せてもいいかな~!」と相変わらず理解が早い谷。
「(競馬の)三連単が当たった吉村さん!」と、三連単で549万円当てた吉村を指名。
さすがBS11で競馬中継のMCもやっている彼女である。
劇団ひとりが、すかさず「その内いくらぐらい欲しいの?」と訊くと、谷はいくらと答えたか。


正解は「30円~!」と、まさかの激安金額。もう完全に谷のペースである。

劇団ひとりが「お金を払って見せてもらうというのも違いますかね~」と上手く切り返すと、
今度は「土下座をしたら見せちゃう!」とのこと。

児島と吉村を土下座させるが、すかさず上に乗って、二人の頭を上げさせ、
組体操の「ピラミッド」を完成させる。
おまけに何故か工藤静香のものまねまでぶっ込む谷。今日もキレッキレである。


その次はおっぱいを賭けての謎かけ対決。
お題は「おっぱい」。0秒で整う谷。

「おっぱい」とかけまして「足の指」と解きます、その心は……。是非みなさんにも予想していただきたい。


正解は「鼻血が出た時は上を向かないで、下を向いたら全部出ちゃう。バー!!」。


この誰もが予想できない発想を繰り出すのが、谷桃子クオリティ。
結局は児嶋と吉村を完全に喰う形になった。
他の番組では怪我するので真似できない、この谷桃子フィーチャー。
またの「ゴッドタン」での登場を心よりお待ちしております。

鯖野かサバり


実際の掲載作品
<ゴッドタン>
谷桃子におっぱい見せてもらえるか!? アンジャ児嶋とノブコブ吉村の懇願に「土下座したら…」


worksへ戻る

拍手[0回]

フット後藤の結婚を意地でも祝わない、唯一無二のひねくれ番組!! ~深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ

深夜テレビ探検隊

フット後藤の結婚を意地でも祝わない、唯一無二のひねくれ番組!!
<ざっくりハイタッチ (テレビ東京 8月31日土曜25:15~25:45 )>

 千原ジュニア、小籔千豊、フットボールアワーの4人が”唯一無二”の企画に挑むお笑い番組「ざっくりハイタッチ」。
フット・岩尾が、彼女と破局したこと(本人は同棲を解消しただけと言い張っているが)が発覚したのも
この番組のトーク企画がきっかけであり、またフット・後藤の結婚のきっかけも、そのトークだったとも言える。

 さて、先日の放送では「緊急!!ざっくり独占放送 祝結婚!その裏側に迫る」を放送。
楽屋裏で、フット後藤を待ち構えて、来るなり収録が始まったこの企画。
後藤の…そう、小籔千豊の結婚12周年のお祝いである。
小藪のプロポーズ話を長々と聞いてから、後藤は「違う違う違う…いつの話してんねん!!」と全力のツッコミ。

 すると、ジュニアが「実は、もうひと方。」と、切り返し、「そういうことか」と胸を撫で下ろす後藤。
これが「ざっくり」流の祝い方か。後藤…そう、中根ディレクターの結婚のお祝いである。
これに対し、おかんむりの後藤が「演者からすぐ裏方行く?」となじる。
すると「演者から演者でしょう」とジュニア。
後藤…そう、ツーナッカン中本の結婚のお祝いである。

すると、「ぼく結婚ですやん」と自分から切り出しはじめてしまう後藤。…静まり返る一同。
「そうなん…、喋ったらいいやん…」と飲み物を漁りながら、後藤に喋らせる意気消沈の一同。
更に、後藤が喋っている途中に、わざとらしく水をこぼし、
「拭きながら言うて。拭き終わると同時に言うて」とジュニア。
水をティッシュで拭きながら
「私、後藤輝基は番組でですね、プロポーズ致しましてですね、この度、結婚することとな~りました!」
と言うと同時に拭き終わり「なんやねん これ」!!

その後、「後藤よりウイリアム王子」とか
「田代まさしが『ミニにタコ』と言い訳した時と同じくらい、後藤にひいている」
などのくだりが続き、ほぼ祝わず終了。

意地でも祝わない、他の番組と同じことはしない、という心意気も素晴らしいが、
ある意味、後藤のツッコミ芸をいかなく発揮させたという意味では、
本当によくできたお祝いだったのかもしれない。

でもこういうのが成り立つのは、
「マジ歌(ジェッタシー)」もそうだが、後藤のケレン味のあるキャラがあってこそな訳で、
そういう意味で、実は後藤自身が唯一無二のおもしろ芸人なんだなぁ、と感慨深く思ったりもした。

鯖野かサバり

実際の掲載作品
<ざっくりハイタッチ>
「フット後藤結婚」祝ってやるもんか!ひねくれ共演者たちの本心は「オメデトウ」


WORKSのページへ戻る

拍手[0回]

PAGE TOP