忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 東海テレビ

東海テレビのお家芸、新ドラマ一発目から炸裂

さて、毎度おなじみ、東海テレビの昼ドラ。
昨日、いよいよ新作の「鈴子の恋」がはじまりました。

ミヤコ蝶々の人生をモデルに、描かれるということで、
実在の人物を描く物語は東海テレビでは珍しいかもしれません。

でも、東海テレビのプロデューサーは
ドロドロ系大人のテーマパークを作らせたら日本一の、服部宣之プロデューサー。
(「偽りの花園」「麗しき鬼」「さくら心中」など…あと「インディゴの夜」「天使の代理人」も)

制作は、服部Pとは4度目の共同テレビ。脚本はこの前まで木曜劇場も書いていた、大石静。
主題歌は、松任谷由実

主演は、映美くらら&美山加恋(少女時代)
あと浅野ゆう子、片岡鶴太郎(鶴ちゃんは題字も担当!)
とゴールデンな感じのメンバーを揃えてきました。

でも、なんだかんだで、第1回は鈴子(後のミヤコ蝶々)が初恋をするのですが、
ラストで、「さくら心中」の陸男改め一座の芸人(佐野和真)と、既婚の女性の芸人(旦那役はバルイーグルこと五代高之)の
情事(不倫)を目撃してしまい、帰りがけに

鈴子のスカートのすそから、脚をつたって血が出てくる…

これで鈴子も大人…子供が出来る体になった…


という訳ですが、
この描写、多分東海テレビの昼ドラでしか多用されていないものですね(笑)

私の知る限り、初出は、2005年秋の「緋の十字架」。2番目はその次作の「新・風のロンド」
あと他にも多分いくつかありました。もはや覚えていないですが…
「新・風のロンド」も、後に主人公になる夏生が、母(小沢真珠)と叔父の情事(不倫)を見た後に
流血してましたね。
もちろん、その後の夕飯はお赤飯で決まりです。
でも、別にめでたくないのに… 薄汚いことしてる大人と同じになった訳ですし…(今作はそういうニュアンスは微妙かもしれませんが)

というか、以前にもこの話ブログで書いていました…
(こちら…http://geocities.yahoo.co.jp/gl/sabajanee10/view/200603)
※移転しました…http://sabajanee.darumasangakoronda.com/thk/-span%20itemprop--headline--_95

明日、赤飯炊くかなー



※もうすぐ発売


※いまさら発売

拍手[0回]

PR

さかのぼりシリーズその2

現在放送中の「新・風のロンド」。
これの【第19話】密会の部屋(1月31日放送)あたり(アヴァウト)。中学生の夏生(後の主人公、演:藤澤志帆)が風邪でやすんでいたら、一方でその母(このときの主人公、演:小沢真珠)が元恋人の浩二(演:石橋保)と自宅で密会(不倫ね)していて、まあ性的活動をやってたわけ。で、たまたまそれを目撃した夏生はショック!
で、
何故かそこで股間から血が…
で、その後晩ご飯は赤飯。母親が「これであなたも一人前の女性よ」と…

ってあったのだが、この初潮(股間から血)&赤飯&一人前の女性…
という展開は前作の「緋の十字架」もまんまそのまんまであったのだ。

どうやら、東海テレビは『初潮ネタ』という
新たなる一つのパターンを このニッポンのドラマ界に誕生させたようである。
おめでとうございます。

拍手[0回]

PAGE TOP