忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ

2016秋改編の噂・正誤表

公式発表前に、雑誌や新聞が勝手に出した改編の噂をまとめて、
どれだけ当たったかを見守る記事です。

青…正解 赤…不正解
緑…確定分補足


▼東スポ
日テレ
◎水19:00 1900「真実解明バラエティー!トリックハンター」 終了
 ※8/17spで終了

TBS
△月-金10:05 (再放送枠) ⇒ 「ひるおび!」10月~1時間前倒し拡大
 ※35分前倒し拡大(10:25~)
◎火19:00 「所さんのニッポンの出番」 9月終了

▼週刊文春
日テレ
◎水19:00 1900「真実解明バラエティー!トリックハンター」 終了
 
※8/17spで終了
TBS
○日19:00 「日本スター名鑑」 10月開始 田村淳 ※「クイズ☆タレント名鑑」のリメイク
 ※日曜「クイズ☆スター名鑑」10月開始 ロンドンブーツ1号2号 
◎日21:00 日曜劇場 10月開始 織田裕二、ディーン・フジオカ ※文春以外でも同情報
 ※日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀

フジテレビ
○月21:00 ドラマ「アニキカノジョ」 10月開始 山田涼介(Hey! Say! JUMP)
 ※タイトルは「カインとアベル」
◎木22:00 木曜劇場 (給食作りに挑むシェフの物語) 天海祐希 
 ※タイトル「Chef~三ツ星の給食~」(8/22判明)
日21:00 刑事ドラマ「キャリア」 10月開始 玉木宏、松岡茉優
 
※タイトル「キャリア~掟破りの警察署長~」共演:瀧本美織、高嶋政宏 タイトル未定(8/19現在)

テレビ朝日
◎木19:00 「いきなり!黄金伝説。」9月終了
 ※9/22のspで終了。8/25の放送で発表
○金23:15 金曜ナイトドラマ「家政婦トミタ」 10月開始 松岡昌宏(TOKIO)
 ※タイトルは「家政夫のミタゾノ」
○日18:57 「アメトーークサンデー」 10月開始 ※週木曜23:15枠も継続
 ※タイトルは「日曜もアメトーーク!」

拍手[0回]

PR

「キー局 番組編成 変遷表」の局の色を変えようかどうか考えております

私のホームページのメインコーナーの1つ
キー局 番組編成 変遷表

各テレビ局を勝手にイメージカラーをつけているのですが、
一応それぞれ各局がよく使っている色(イメージカラーっぽい色)や、
ロゴ、マスコットキャラクターの色から基本的に取っているんですよね。
但し、一部微妙な色の局は、他との色のバランスを鑑みて決めています。


NHK総合どーもくん(こげ茶)の色を少し考慮してダークグレー
Eテレ消去法で黄色
日テレダベア&局イメージカラーの橙
TBSジーン(人)の赤
フジテレビラフくんの青
tv asahi053chのマークの黄緑
TV TOKYO「TV」の紅色と「TOKYO」の藍色を合わせた紫










こんな感じです。
テレ朝は本来ゴーちゃんの淵の色のカーキとかがよかったのかもしれませんが、
色が悪いのでw、近い黄緑に。
ただ、「全国朝日放送(通称:テレビ朝日)」になった頃の「10」のロゴが
朱色と緑だったので、その緑もイメージの一つです。



が、そうだったんですが、これも確か5年くらい前に決めたものなので、
もう微妙に古くなったような気が…

TBSは昨年頃から、ホームページや番宣など、青をイメージカラーに使っていますし
フジテレビは今年春頃(?)から、番宣に夕方の「みんなのニュース」の
ミントグリーン(青緑)を多用。
あとテレ東もキャラが赤と青と白の「ピラメキパンダ」から黄色の「ナナナ」になりましたが。

というわけで現在よく使用されるイメージカラーを反映させることを考えてみました。
その案がこちら


NHK総合EPGロゴの赤
EテレEPGロゴの緑
日テレダベア&局イメージカラーの橙
TBSHP、番宣イメージカラー、EPGロゴの青
フジテレビ番宣イメージカラーのミントグリーン
tv asahiEPG052ch、HPのロゴのマゼンタ
TV TOKYO「TV」の紅色と「TOKYO」の藍色を合わせた紫









テレ東はナナナの黄色でも良いんですが、
今回はキャラというよりロゴやイメージカラーで揃っているので、やはり紅+藍の紫かなぁと。
バランスを考えて色味は変えていますが…


ただ、実際に変えるとなると、みなさんの不慣れな状態になってご不便かけるかもしれませんし、
私も現状全ページほぼ手作業で変えないといけないので、大変ですねw
本当はきちんとスタイルシートで簡単に変えられる仕様にしておけば良かったのですが、
そんなこと考えてなかったので…

あとまたすぐイメージカラーが変わるかもしれませんしね…判断が難しいですね。


【追記 2017/04/02】
前回そう書いてから、8ヶ月ほど経ってしまいました。
でもまだ考え中でございまして。
前回の時、コメントもなかったので、別に変えちゃってもいいのかなという気はしています。

ただ、あれからフジテレビ全体で例のミントグリーンを見るのは
夕方の「みんなのニュース」くらいなんですよね。
番宣スポットでは、マゼンタ系のピンクや、山吹色が多いでしょうか。
公式サイトもマゼンタ系のピンクが割と使われているので、
フジをその色にすると、テレ朝とかぶるので、いまの黄緑のままに直そうかと…

それでこんな感じ?
NHK総合EPGロゴの赤
EテレEPGロゴの緑
日テレダベア&局イメージカラーの橙
TBSHP、番宣イメージカラー、EPGロゴの青
フジテレビHPや番宣でよく使われるマゼンタ
tv asahi053chのマークの黄緑
TV TOKYO「TV」の紅色と「TOKYO」の藍色を合わせた紫
早ければ、今月中にも色を変えます

拍手[0回]

移転しました

わたくし鯖世傘晴のブログ2本
鯖蛇寝得呪憂 のうみそぱーぷるん ~紫色の欲望
のうみそぱぐりんぐりん・パァ~翠色の欲望

こちらの文章系に特化した「Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン」
Twitterのログに特化した鯖世傘晴のダークグレタミン酸 墓場」に
整理し直しました。

過去の記事も全て移動完了しております。



ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

鯖世傘晴

拍手[0回]

オトナの土ドラ「火の粉」第7話【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】

深夜テレビ探検隊

<「火の粉」>(フジテレビ)
ユースケ・サンタマリア、マッサージチェアで恐怖の尋問!
狂気の「反省文を書けーー!!」

 

昼ドラでおなじみだった東海テレビによる「オトナの土ドラ」第1弾。一家連続殺人事件の容疑がありながら無罪になった武内(ユースケ・サンタマリア)は、やはり本当は殺していた。おまけにそのことを、無罪を下した張本人の梶間勲(伊武雅刀)が真っ先に知り、すっかり怯えている。更に、新たな殺人による死体も目撃。これにより、武内や梶間家の周辺で死亡もしくは失踪してきた、6人+犬1匹も武内が殺しているかもしれないことに…。

 

第7話では、いきなり武内が梶間家にマッサージチェアをプレゼントする所から始まる。真実を知らない長男・俊郎らは、邪魔に思って、奥の部屋に移動させてしまう。武内の、厚意を無下にされると逆上する性格を知っている勲は「早く居間に戻せ」と焦る。しかし、すぐ武内が家に来てしまう…!よりにもよって奥の部屋で電源をつながず物置化しているマッサージチェア…!確かにマッサージチェア”あるある”だが…、怖いけど笑ってしまう展開。

 

次の日、海外旅行に行くという武内。真実を知る勲と嫁・雪見(優香)は今しかないと、他の家族に真実を告げ、夜逃げしようと企てる…が、武内を信じている俊郎や、勲の妻・尋恵(朝加真由美)には信じてもらえず、家族内が再びバラバラに。

 

これは武内の罠で、実は海外なんかには行っておらず、梶間家に乱入した武内は、一人一人例の奥の部屋に呼び、マッサージチェアでカウンセリング的なことをはじめる。尋恵、俊郎と、各自の悪い所を的確に指摘し、良い家族でいないと、また家族全員を殺さないといけなくなると脅す。尋問が終わる度に憔悴して帰ってくる面々。怖いけど、まるでコントだ。

 

更に次の雪見は、武内に反論したため、武内は「どうしてわからないんだ!」と逆上し、しまいには自分の考えが伝わらないため、「反省文を書けーー!!」と叫ぶ。反省文…?! (笑)。

 

梶間家を教育すると宣言した武内。もはや恐怖政治だ。翌朝もいつの間にか合鍵を作って入り込み「お皿が古くなっていました」と言って、一枚一枚皿を割りながら捨てる武内…ひえ~。更に武内はマッサージチェアに座りながら、雪見の反省文の朗読を聞く。


「よく出来ました。と言いたいところですが、100点満点中4点です。家族をもう一人忘れていませんか…?」

 

最終話もどうなるのか大変気になるところだが、東海テレビが「牡丹と薔薇」など中島丈博作品で培った、ハードで重厚なストーリー展開の上に、惜しげもなく強烈なネタ(ギャグ?)をぶっこんでいくスタイルが本当に上手く炸裂している。みなさんにもネタに対してツッコミながら視聴することをお薦めしたい。

 

 (フジテレビ 5月14日(土)夜11:40放送)

鯖世 傘晴
 
掲載作品
 

拍手[0回]

オトナの土ドラ「火の粉」【深夜テレビ探検隊・元原稿シリーズ】

深夜テレビ探検隊
<「火の粉」>(フジテレビ)
昼ドラを半世紀制作してきた東海テレビの真骨頂、
ドロドロ愛憎劇をはらんだ本格社会派サスペンス!!
 
52年間平日お昼に放送してきた東海テレビのドラマ枠が、土曜深夜の「オトナの土ドラ」として生まれ変わって、その第1弾である。元裁判官の家の隣に、自らが無罪判決を下した男が引っ越してきてから始まる、不吉な騒動を描く。
 
主役のユースケ・サンタマリアはその無罪放免になった武内さん役である。一家連続殺人事件の被疑者として死刑を求刑されていた。もしかしたら武内さんは実は殺しているのでは、という疑念を持ちながら、でも義理の父・勲(伊武雅刀)が下した判決を信じて接する嫁・梶間雪見(優香)の目線で物語は進む。
 
昼ドラの東海テレビの作風は、時間帯の変わった今作でも顕在。武内さんは趣味で、大掛かりな機材で炙りながら“バウムクーヘン”を作るのだが、これがなんとも見た目のインパクトが絶大で、劇中にバウムクーヘンが出てくるだけでも可笑しくなってしまう。これは「新・牡丹と薔薇」等のハードギャグドロドロ劇を制作してきた東海テレビのことだから、絶対狙っているだろう。
 
第1話では、梶間家には感謝してもしきれない武内さんは、義母の介護に疲れる勲の妻・尋恵(朝加真由美) をねぎらい、しまいには家に上がり込んで、介護の手伝いまでし出す。しかしそのラストで、勲の母は食事を喉に詰まらせて死亡。第2話でも、尋恵をいびっていた小姑(大島蓉子)が失踪。ドラ息子・俊郎(大倉孝二)が仕事をクビにされ、色々トラブルになった会社社長も失踪してトラブルが解決。明らかに怪しいが、親切にされた家族は武内さんへの親しみを深めていく。
 
この武内さんの、梶間家への「尽くしてあげたい」という愛は凄まじく、嫁の雪見は、次第に武内さんが犯罪者かも知れないという疑念を超え、家族に尽くし愛されるという立場を奪っている武内さんに対し、嫉妬の思いにかられ始める。更に武内さんのこの愛がいつ憎しみに変わるかわからない。例の一家連続殺人もそういった経緯があることが示唆されている。この構図は東海テレビが昼ドラで得意としてきた、三角関係のドロドロ愛憎劇の構図と見事に重なる。昼ドラファンはもちろん楽しめるが、家に居なくて昼ドラを見てこられなかった方には新鮮な面白さに映るのではないだろうか。
 
 (フジテレビ 49()11:40放送)
鯖世 傘晴
 
掲載作品

拍手[0回]

PAGE TOP