忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > 東映テレビドラマ・映画 > いきなり! 「新・京都迷宮案内」悪運(?)伝説! part2

いきなり! 「新・京都迷宮案内」悪運(?)伝説! part2

↑の続きです。

第4の事件 「新・京都迷宮案内(4)」(2007.01)
【終わらせるつもりだったけど、継続決定…!】
「新・京都迷宮案内」は前作の(3)(通算第8作)で終わらせる予定で、
最終回スペシャルもかなりそれにふさわしい作りになっていました。
しかし、その最終回が、はやり出来が良かったせいか、
当時の木曜ミステリー枠史上最高視聴率の16.5%を獲得。
これで、橋爪氏曰く、
「もしかしたら続くかも…」という状況になり、結局続行。
めでたい事件でした。

第5の事件 「新・京都迷宮案内(5)」(2008.01)
【監督、逮捕!】
当時の産経新聞(web)を引用します。

☆☆☆
暴行で故山下耕作監督の長男逮捕 「新・京都迷宮案内」で監督
2月23日12時15分配信 産経新聞

22日午後11時半ごろ、京都市右京区嵯峨広沢御所ノ内町のコンビニ店「サークルK嵯峨広沢店」で、1人で店を訪れていた男が、アルバイト店員の男性(28)の頭を突然拳で殴った。110番通報で駆けつけた右京署員が暴行の現行犯で男を逮捕した。

 調べでは、逮捕されたのは同市右京区嵯峨天龍寺中島町、演出家、山下耕一郎容疑者(47)。山下容疑者は、時代劇の巨匠といわれた故山下耕作監督の長男。テレビドラマ「新・京都迷宮案内」の監督や、映画「男たちの大和」の助監督などを務めたフリーの演出家として知られる。

 調べに対し「店員の接客態度に腹が立った」などと供述している。山下容疑者は当時かなり酒に酔っていたという。

☆☆☆

山下監督はこの「新」のパート5では、
第1話・第3話の監督をしていました。
という訳で、もう全部放送された後だったので、
なにごともなく全話放送。
でも、もしもっと後の話数の担当だったら、お蔵入りの可能性もあったかもしれません。

結局この事件の顛末は報道されなかったので、
よくわからないのですが、
今でも山下監督がは、チーフ助監督として
木曜ミステリーの作品のクレジットで出ているので、
まあ不起訴とかそんな感じだったのではないでしょうか。

以上!
という訳で「新」になってから毎作やん!て感じなのですが、
こんなに悪運の強い番組は余りないと思います。
しかし、はやり番組の性質がこんな運を呼び寄せている気もします。

にしても、是非新作見たいですね。
でもさすがに出演者の皆さんのお歳からするときついのかな…。

拍手[0回]

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP