忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「仮面ライダー1号」感想

昨日ようやく映画「仮面ライダー1号」を観に行くことができました!
ブログに書くのは久しぶりでしたし、Twitterでも良かったのですが、
ご覧のとおり長くなりそうだったので、こちらが良いだろうと。
以下ネタバレだらけ
いきなりタイ・バンコクから始まって不意打ちw
まあ最初のTVの頃から、1号が海外で戦うということはよく出てきますが。
更に大天空寺でのカラオケ大会も不意打ちw
ここの構成と発想の良さが、やはり脚本・井上敏樹氏のスゴさですね。
でも仙人・竹中直人の芸風を活かすには最適だったかもしれないですねw
そしてノバショッカーが企業風のことをやって日本を征服しようとするのが、
全然そういうことをしてくるって知らなかったですし、すごい面白かったです。
人間状態の戦闘員を前に入社式みたいなことしたり、
日本全土を停電させて、日本(総理大臣が紅林刑事こと横光克彦!!)と
電力に関して取引したり。
これも「シャンゼリオン」で
都知事になってから東京都を独立国家にして皇帝に即位する敵を描いた
白倉&井上コンビならではの面白さでしょう。
 
しかし、この点については、発想の面白さというだけでなく、
メインテーマとも相性が良いネタでもあったと思います。
 
メインテーマは、(一応私見と断っておきますが、言わずもがなかな?)
命の大切さ、命とは何か、といったことと、
本郷猛=藤岡弘、の生き様そのものだったかと思いますが、
 
昨今の便利な世の中、(もっと言うと商業化されすぎた世の中)に迎合しすぎて、
もっと大事なもの忘れてるんじゃないか?
って観点が双方(メインテーマと停電作戦)ともあるのですよね。
 
私も病気になって、社会的弱者にもなって、そういう部分は痛感している部分があるので
よくわかります。まあ辛いことをやりたくないのは私もバリバリそうなんですけどもw
 
そして、間のおやっさんの孫娘・麻由と本郷猛のやりとりが
恋人のようでもあり、当然親子のようでもあるんですが、
3年前に本郷が麻由が一人前になったとして、彼女を置いて
海外に戦いに行ったのを、麻由は根に持っているんですが、
これが一般人の"仕事と家庭どっちを大切にするのか問題"を彷彿とさせます。
 
でもそれも、命の大切さ、命とは何か、ってことと関係ありますし、
本郷も必ずしも完璧にできてないという意味で、
逆にテーマの深さに説得力が出ているのではないでしょうか。
 
後半は、命と藤岡弘、といったメインテーマに関する構成、演出は
どんどん研ぎ澄まされていった印象で、
特に本郷が炎の中から生き返るシーンは思わず泣いてしまいました。
最後に忘れてはいけないのが、
「仮面ライダーゴースト」のタケル、アカリ、御成もTV以上に良い芝居をしていました。
番組のテーマとも沿っていたのも良かったでしょうね。
TVの福田卓郎氏による「トリック」的な個性的なキャラクター設定が
井上敏樹氏の作風にも合っていた所もあるかもしれません。
最初は「シャンゼリオン」コンビで「仮面ライダー1号」って
水と油のようで大丈夫なのかな、なんて思う部分もあったのですが、
今回は上手い具合に中和されて、それだから上手くいった部分もあるでしょうね。
 
藤岡弘、自身、この御歳であの体、あの凄さってのは目を見張るものがありますが、
そういった魅力を、アクションでも、変身後のボディでも、ストーリーでも
上手いこと落とし込んだのでは、と思います。
当時のTVでは叶わなかった、藤岡弘単独主演を今回やろうという企画意図もありますが、
東映は藤岡さんに対していい恩返しができたのではないでしょうか。

拍手[0回]

PR

テレビ東京・全日帯アニメ枠2015年春改編妄想

テレビ東京・全日帯アニメ枠の2015年春改編を妄想します。
というのも、
1)2/11現在で、平日18時台の枠があと5つは空白のまま(現状入りそうな新番組は2つ)
2)平日朝7:30枠に新情報番組(「チャージ」)という情報(週刊文春ネタ)で、今の子供番組枠はどうなるのか?
3)公立の小学校でも土曜授業化の流れが多少強くなってきていて、土曜アニメ撤退もやむを得ない?
と気になることだらけ。
それぞれ、
1)は新番組がこの後発表されるかもしれませんし、
2)も直前の「おはスタ」が縮小するなりして、7:30の枠の番組が一律繰上げになるかもしれませんし、
3)も別に土曜アニメ枠を撤退させるほどのことではない、
とも言えるのですが、
2/10の新情報で
現在、土曜08:30の「デュエル・マスターズVS」が、
4月からは「デュエル・マスターズVS R」となって、日曜08:30に移動することが判明。
結局後枠に何が入るのか、ということを考えたとき、3)の可能性は多少あると言えるのかと。
そうすると、1)~3)が、もし全て連動していると仮定することもできるのではないでしょうか。
つまり、大まかには
土曜の朝のアニメが平日夕方に、平日7:30の番組が空いた土曜朝に
ということです。
結局、幼稚園などでは特に土曜もということは、まだ少ないのでは、と思うので、
割と低年齢向けだったり再放送だったりの7:30の番組は、別に土曜朝でも良いのかと。
具体的な番組名で妄想を試しますと、こうなります。
月07:30 「しまじろう」(TSC製作)  ⇒  新情報番組「チャージ」
火07:30 「カリメロ」&「GON(再)」  ⇒  新情報番組「チャージ」
水07:30 「のりスタ」  ⇒  新情報番組「チャージ」
木07:30 「遊戯王ARC-V(再)」  ⇒  新情報番組「チャージ」
金07:30 「妖怪ウォッチ(再)」  ⇒  新情報番組「チャージ」
 
土08:30 「デュエルマスターズVS」  ⇒  「しまじろう」(TSC製作)
土09:00 「テンカイナイト」  ⇒  「のりスタ」(小プロつながり)
土09:30 「レディジュエルペット」  ⇒  「カリメロ」&「GON(再)」
土10:00 「プリパラ」  ⇒  「遊戯王ARC-V(再)」
土10:30 「FAIRY TAIL」  ⇒  「妖怪ウォッチ(再)」
 
日08:30 「ダイヤのA」  ⇒  「デュエルマスターズVS R」【※確定】
 
月18:00 「オレカ&ドラコレ」  ⇒  「ジュエルペット マジカルチェンジ」
月18:30 「ヒーローバンク」  ⇒  「プリパラ」
火18:30 「マジンボーン」  ⇒  バトルスピリッツ烈火魂」 (ジャンプ系つながり)
水18:00 「ガンダムBF」  ⇒  「銀魂」 (サンライズつながり)
水18:30 「アベンジャーズ」 ⇒  「FAIRY TAIL」
※土曜08:00のテレビ愛知制作枠(「バディファイト」)は、
完全週休5日制になった2002年度より前からアニメを放送しているので、改編対象外にしてみました。
まあ関東では日曜10:30で再放送もしていますし。
「バトルスピリッツ烈火魂<バーニングソウル>」は火曜放送という未確認情報が。
火18:00の「ウルトラマン列伝」は動かないと踏んで、火18:30にしてみました。
「マジンボーン」とはジャンプ系雑誌に掲載つながりになりますね。
「銀魂」「ガンダムBF」と同じサンライズつながりということで水曜18:00にしてみました。
「ジュエルペット」「プリパラ」は、同じ女児向けで
今も連続して視聴している方も多いでしょうから、2枠空く月曜にそのまま入れてみました。
 
※消去法で水18:30に「FAIRY TAIL」を。「銀魂」と少年誌つながりで連続して見れますw
 
※でも、土07:30に「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 20thリマスター」があるので、
これだと土曜朝に2回「遊戯王」の再放送があることに…これはさすがにないかなぁ。
 
※あくまもで妄想ですので、本気にしないでください。でも当たったら誉めてください(爆)

拍手[0回]

ご挨拶


しばらく停止していたこちらのブログなんですが、新しいfc2プログの方(http://maboroshino15.blog.fc2.com/)が微妙に使い勝手が悪い気がしたので、
試験的にこちらの更新を再開しようと思います。


ご覧になる方には使い勝手悪いと思いますが、宜しくお願い致します。


 


鯖世 傘晴


拍手[0回]

「明日、ママがいない」騒動について考えたこと

私は以前から、番組の放送中止や欠番には興味があったので、
今回の日テレ・水曜ドラマ「明日、ママがいない」の今回の騒動には注目をしています。

というかYahoo!トップニュースでしょっちゅう話題も上がっていて、注目せざるを得ないという状況でしょうか。

昨日付のニュースで、提供を取りやめたスポンサーがもう2社増えて、8社中5社になったという情報から、
思ったより急速に事態が進展していると思い、急いで録画していた1話を見て、こうしてブログに書く事になりました。


騒動の基本となる部分は、

ドラマ「偏見生む」、日テレに抗議=児童養護施設・里親団体(時事通信) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000095-jij-soci
にもあるように、赤ちゃんポストを設置している慈恵病院からの放送中止の申し入れがあったことです。
記事にもありますが、「人権侵害」だと言われているわけです。

「(施設の)子どもを傷つける部分が含まれていたのは非常に残念」とも。


確かに、たった今録画で初回を見たところ、
見所は多分にあるししっかり描いているとは思いますが、
そう思われても仕方ない描き方がちょいちょい出てくるなぁ、と思いました。

しかし、これはあくまで私、単なる視聴者の一意見で、正直関係なくて、
よく考えてみると、いじめや各種ハラスメントもそうですが、
虐げられた人の気持ちは、その虐げられた人でないとわかりません。

いくら、外野が「大丈夫でしょ?」と思っても、本人が辛いなら、その本人の気持ちはやはり尊重されるべきでしょう


まあ、講義している団体側が、どこまで本当に辛いのかは、少し推し量れない部分もありますが…。



実際、過去に封印された作品群も、そういう直接の抗議があって封印(放送中止、欠番扱い)になってきました。
「ウルトラセブン」第12話、「相棒」3rd Season 第7話しかり。
封印されていませんが、「超人・バロム1」のドルゲちゃん騒動も、騒動としては似ていますね。

それで、こういう放送中止等のエッジが利いている抗議は、
今までのこういうテレビを中心とするメディアでは、割ともうその時点でアウト
です。


これは結果論かもしれませんが、そういう抗議を直接させるような内容を盛り込んでしまったこと自体、
こういう因果を招いていると言えると思います。
赤ちゃんポスト的なのをやっているのが、日本で1つしかないのに、
それでちょっと煽るような描き方をしておいて、抗議が来ないと思ったのか、ということですよね。
(まあ抗議が来ることは百も承知な感じだったっぽいですけどね…)

というか、昨今の普通の番組では、そういう配慮は基本どの番組もやっています。


「相棒」3rd Season 第7話なんかは、日本図書館協会や世田谷区の図書館など図書館関係者からの
直接の抗議が入ったのは確かですが、別に放送中止そのものを求めていませんでしたが、
配慮し(すぎ)ちゃって、公式に欠番扱いにしてしまいました。

個人的には、「相棒」のこの件は、まあ己が番組ファンということもありますが、
少し過度な対応だったのではないかと思っています。

相手方も直接放送中止を求めていないわけですし、
CS放送などの昔の番組の再放送でよく見られる、「時代背景と制作者の意図を尊重して…」というテロップで
かなりあぶなーい作品でも放送しちゃってるのを見ると、
やはり公式で欠番とまでは言わずに、再放送用に一部作り直すだとか、
テロップで注釈するとか等くらいにするべきだったのではないかと。

これは、実際にはどうかわかりませんが、
図書館関係者が納得する形であれば、何も欠番にまですることはなかったということです。



そういうことを考えていくと、やはり解決策を見出すとしたら
日テレが、抗議をしている団体をきちんと説得して、放送中止の声明を引っ込めさせるしかないですよ。

相手方にネタバレなどはしてしまうかもしれませんし(笑)、労力はかかるでしょうが、
何もしないで中止になるよりかは幾分よろしいのではないかと。
時間稼ぎにもなるでしょうし。

まあ分かり合える代物ではないのかもしれませんが…
しかし、今のようにテキトーに対応するよりかは、絶対事態はよくなると思います。
これでは、本当にあと数話で打ち切りになってしまいますよ。

岡村隆史「明日ママ」批判に苦言!放送中止なら「テレビの未来はない」(スポニチアネックス) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000083-spnannex-ent
にもありますが、良い前例を作るため、テレビの未来を作るために
日テレには本気で問題に取り組んで欲しいです。


まあでも、これで、放送について、みんながよく考えるいいきっかけになったとは思いますね。

拍手[0回]

更に移転したホームページのご案内


「穴あきおたまでこんにちは」


もう一年前に移転したのですが、
こちらに書いてなかったので、せっかくですので。
http://sabajanee233.dokkoisho.com/


よろ乳首。


拍手[0回]

PAGE TOP