忍者ブログ

Theブログ☆穴あきおたまでグッドイーブニン

Home > ブログ > 東映テレビドラマ・映画

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いきなりシリーズ 「ゴーバスターズ」のテレ朝・佐々木基プロデューサーの経歴

このホームページの参考文献にも掲載している、「テレビドラマベスト・テン10年史 1997‐2006」という
まあドラマのデータ本みたいなのを、たまたまパラパラめくっていたら、

「ゴーオンジャー」(2008)の中盤からずっと、戦隊シリーズの担当をしている、
テレビ朝日の佐々木基プロデューサーの名前を、結構発見しまして。

もちろんドラマのプロデューサーとしてなんですが、
戦隊やライダー、アニメは、今のテレビ朝日だと「映画部」のプロデューサーが担当になって、
普通のドラマは「制作部」のプロデューサーが担当になるんですよね。

つまりまあ、制作部から異動になってらっしゃったということになるんですが。

それで、結構佐々木Pが手掛けていた作品ってかなり個性的な番組だらけなんですよね。

具体的には…

1999年
4-6月「恋の奇跡」(木曜ドラマ)
10-12月「青い鳥症候群」(サタデードラマ)

2000年
4-6月「アナザヘヴン eclipse」(木曜ドラマ)

2001年
1-3月「お前の諭吉が泣いている」(木曜ドラマ)
7-9月「早乙女タイフーン」(土曜ナイトドラマ)
10月「恋人はスナイパー」(ドラマスペシャル)

2002年
4-6月「九龍で会いましょう」(金曜ナイトドラマ)
12月「恋人はスナイパー EPISODE2」(ドラマスペシャル)

2003年
1-3月「恋は戦い!」(木曜ドラマ)

といった感じなのですが…
私はどの番組もきちんと見ていないのではありますが、
部分的に見たり、あらすじや当時の番組PRを見た限りだと、
どれも独特な…無国籍な感じというんでしょうかね、
あとコメディとシリアスの両極だけを行くような感じですよね。

ちなみにそれぞれの作品の平均視聴率(関東、ビデオリサーチ)なんですが…

1999年
4-6月「恋の奇跡」(木曜ドラマ)・・・15.3%
10-12月「青い鳥症候群」(サタデードラマ)・・・4.8%

2000年
4-6月「アナザヘヴン eclipse」(木曜ドラマ)・・・7.2%

2001年
1-3月「お前の諭吉が泣いている」(木曜ドラマ)・・・8.2%
7-9月「早乙女タイフーン」(土曜ナイトドラマ)・・・5.4%
10月「恋人はスナイパー」(ドラマスペシャル)・・・10.4%

2002年
4-6月「九龍で会いましょう」(金曜ナイトドラマ)・・・8.1%
12月「恋人はスナイパー EPISODE2」(ドラマスペシャル)・・・9.6%

2003年
1-3月「恋は戦い!」(木曜ドラマ)・・・6.7%

と、最初の「恋の奇跡」以外は、視聴率は余り取れなった作品が多かったようで…。
とはいえ、ちょうどこの頃はテレビ朝日全体の視聴率低迷期とも重なっていて、
連続ドラマだと、8%台くらいは割と普通だったんですけどね。まあそれ以下はあれ…(以下略)。

それで、特に今の「ゴーバスターズ」なんかは、
これらの佐々木Pの作品群と特に作風が被る部分もあるような気がしちゃったりもするんですよね。
気のせいかもしれませんが。




ちなみに、注目できることはれだけでなくて、
佐々木Pがまだプロデューサー補の時の経歴を見ますと…

1997年
1-3月「名探偵 保健室のオバさん」(月曜ドラマ・イン)
4-6月「ふたり~Wherever You Are~」(月曜ドラマ・イン)※
7-9月「ガラスの仮面【1】」(月曜ドラマ・イン)
12月「君の手がささやいている」(ドラマスペシャル)

1998年
1-3月「おそるべしっっ!!!音無可憐さん」(月曜ドラマ・イン)
4-6月「ガラスの仮面【2】」(月曜ドラマ・イン)※
7-9月「スウィートデビル」(月曜ドラマ・イン)
10月「君の手がささやいている~第二章」(ドラマスペシャル)

という感じで、月曜ドラマ・インはほとんど登板している感じです。
でも、ちょうど97-98年というと、かの現・東映東京撮影所所長 兼 東映テレビプロダクション社長の
白倉伸一郎Pが、「シャンゼリオン」の後、武者修行でテレ朝に出向していた時期で、
白倉Pもまたプロデューサー補として、月曜ドラマ・インを担当していたり…

※印のついている作品は、その白倉Pも、テレ朝のプロデューサー補として、就いていた作品だったりするのです。
(他に白倉Pは97秋の「研修医ななこ」、98秋の「チェンジ!」も担当)
名目上は同僚の、同じ仕事仲間同士だったこともあった訳で、互いの仕事ぶりはよく知っていたはず??

まあ、東映の特撮番組だと、ついつい東映のプロデューサーに目が行きがちですが、
局プロデューサーの方も、結構個性的な経歴の方はいるぞよ、ということですね。

拍手[0回]

PR

少女コマンドーIZUMIと妄想捜査

CS東映チャンネルで先ほど19:00から、
念願の「少女コマンドーIZUMI」がはじまりまして、リアルタイムで視聴しました。

思ったよりかなり面白かったですね。
スケバン刑事より研ぎ澄まされた感じでいいですね。
もしかしたら、結構(1,2話監督の)大井利夫監督の演出が私好みなのかもしれません。
初期に「相棒」も担当されていましたが、大井監督担当回(参考)も好きなのが多いですし、
「相棒」はかなり世界観とハマってたと思うんですけど、
何故かシーズン2までで離れてしまっていて、残念ですね。
(TVの仕事自体も、東海テレビの「安宅家の人々」以降ないっぽいのですが…)

まあ以前このプログ(コレ)にも書きましたが、視聴率は前番組「スケバン刑事III」に比べると
最初から低くて、おまけに初回9.0%が最高で、ラス前3.6%という推移的にもかなり悪い方…。

ヒットして2年続いた「ゴレンジャー」の独特な感じに対して、
「ジャッカー」がハード・シリアス路線に切り替えてコケたのと似たような感じかもしれません。

(そういや当時の“東撮第2製作30分もの”木19:30→月19:30枠では
唯一の原作者なしのオリジナルなんですね。
もし億が一(微笑)、リメイクとかになったら原作は「東映テレビ部」名義とかになるんでしょうか。
それって実質「八手三郎」と同意な気がしますが…

…ちなみに私が「少女コマンドーIZUMI」の存在をはじめて知ったのは、
'99頃に読んだ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」の
マサルの小学生時代にぶりっこ女子高生たちに「少女コマンドーマサル」と自己紹介するくだりでです。)


あとそれと面白いけど低視聴率つながりでもう1番組。

現在放送中の、東映ドラマ、
日曜ナイトプレミア「妄想捜査 桑潟准教授のスタイリッシュな生活」
一昨日放送の「第3妄想 謎のミステリーサークル!!」は、
まさかの麿赤兒がメインゲスト、ガダルカナル・タカ(本人出演)のネタなど、かなり面白かったのに、
視聴率がまさかの 3.9% でした。
サッカー日本代表戦(15%くらい)のあとだったのに…負けたから終盤は下がってったのかもしれませんが…

ちなみに初回「第一妄想 死を呼ぶ雪の密室!!」から5.7%と低めで発進、
第一妄想と、第3妄想にくらべると笑いどころは少なめだった
「第2妄想 謎の怪盗チャックマン!!」も初回と同じ5.7%だったんですが…
(※初回5.7%はこの枠の初回としては最低、3.9%も枠歴代最低だっピョーン)

「ボボボーボ・ボーボボ」もギャグの密度が濃かったけど視聴率悪かったしなぁ。
(とはいえ2003-2004年のテレビ朝日の土曜19:28-20:00で平均7%くらい。
去年春まで火曜19:27にやってた「デジモン」は2-3%くらいでした…。)

う~ん、このまま伝説に化してしまうかもしれません…

そういえば杉本有美は、レギュラー扱いじゃないけど今のところ全話出てますね。
むしろミステリー研究会の部員3名よりも目立ってるような…
まあ東映側のサブプロデューサーが「ゴーオンジャー」もサブでやっていた和佐野Pですしね。


番組DVD (全話収録ですが、BOXではありません)


(後期エンディング収録)

拍手[0回]

「オーズ」レンタルDVD最終巻視聴

「仮面ライダーオーズ」は放送は全話ハイビジョンで録画しているのですが、
レンタルDVD最終巻が、下旬の発売に先駆けてこのあいだリリースされたので、
つい借りてしまいました。(※将軍と21のコアメダルも)

なんとなーく見ましたが、ラストシーンで思わず涙が出てきてしまいました…

私、映像作品で泣くのは、
「恐竜戦隊ジュウレンジャー」#42『ブライ死す…』と
「相棒-劇場版II-」と
「仮面ライダーオーズ/OOO」の最終話

だけかもしれませんよ。




拍手[0回]

東映チャンネル 2012年2月速報

先ほど、CS東映チャンネルのメルマガ・東映チャンネル通信vol.166 が来ておりました。

2012年2月スタートの新番組は、
メタルヒーロータイム「時空戦士スピルバン」…「電王」(火16:00)の後?
石ノ森章太郎劇場「仮面ライダー(スカイライダー)」…「アマゾン」(火17:00)の後?
名作ドラマアワー「はぐれ刑事純情派(第3シリーズ)」…第2シリーズ(木10:00)の後でしょう

そして、
スーパーヒロイン伝説「少女コマンドーIZUMI」

元祖(?)最終兵器彼女キターーーーーーーー!!(※)

「スケバン刑事」がI、IIと続いた時から、もしかして来るかな!?
と、思っていましたが、遂に来ました!!

私がはじめて、少女コマンドーIZUMIの映像を見たのは、
2002年に発売された、
「東映TV特撮主題歌大全集 Vol.3 [DVD]」
特典映像として入っている、番組の初期OP・EDでしたが、
ドラマ本編は見たことがなかったので、ようやく見ることができます。

スタートは1987年11月で、
「スケバン刑事III」の後番組で元々「スケバン刑事IV」という企画だったらしいですが、
原作を棄て、メインのプロデューサーだった、東映の中曽根千治Pが「企画」名義になって、
その後大活躍した、東映の手塚治Pが東映のプロデューサーとしてははじめてトップ名義になったり、
それまでサブの監督だった、大井利夫監督がメインになったり、
スタッフの世代交代も行われた作品でした。

しかし、まあ、なんというか、視聴率はものの見事に撃沈。
「スケバン刑事III」が平均14.0%くらいだったのに対し、初回から9.0%を獲得。
その後、
7.3% 7.9% 6.6% 6.0% 8.4% 8.9% 5.8% (ここで年越し)
8.0% 9.3% 6.3% 6.0% 7.1% 3.6% 6.6%

と平均7.12%で、全15回で打ち切りに。

まあ1987年の東映テレビ作品は、
テレビ朝日の編成の見直しもあり、
刑事ドラマ路線が木9→水9移行で「大都会25時」「ベイシティ刑事」も撃沈、
現在の木曜ミステリーに当たる、京都撮影所路線が、火9→木8で、最初の「傑作時代劇」はパッとせず、
メタルヒーローシリーズも「メタルダー」が初回から1桁でゴールデン撤退
と、数字的には、めっさすぺりまくった年でもありました…。作品としては面白い趣向だったっぽいんですけど。

2007年にこちらの全話収録DVD(3枚組)

が発売されましたが(BOXじゃないのに、ひとパッケージで収まるというのがなんとも…)
レンタル解禁はされてなかったので、私としては正に念願です…


それと、他の開始作品についてですが、
「はぐれ刑事」はそのまま続行、と言う感じですが
再放送の機会に恵まれないスペシャルも放送されるので、楽しみですね。
今回も予告編付きだともっと嬉しいですが。

あとメタルヒーローシリーズから、すっとんで「スピルバン」が登板。
割と最近にも東映chでやっていましたが、
でもこれで、私がスカパーに加入した2007年秋以来で放送されていない「ジライヤ」「ジバン」の
早期放送もあり得る展開になってきたかもしれません。


そして、来月というか来週スタートの「素浪人 天下太平」も、
前回の時代劇専門チャンネルでの放送を私は思わず見逃していたので、こちらも楽しみです。

p.s. どこかで「さすらい刑事 旅情編」全話やらないかな…
正直「はぐれ刑事」よりも好きだったりします…


(※)番組の宣伝ポスターのキャッチコピーが「彼女は最終兵器」でした。
確か読売新聞か朝日新聞の縮刷版に載ってました。






拍手[0回]

「臨場」映画化

2009,2010年の4月クールに水曜21:00枠で放送されて、

妙に視聴率の良かった、「臨場」がこの度、テレビを通り越して映画化されることが
今日発表された模様です。

内野聖陽主演『臨場』 映画化決定! 昨年“民放連ドラ平均視聴率”首位作が銀幕へ
オリコン 12月26日(月)5時0分配信


東映公式
「臨場 劇場版」公式

公開日は2012年6月30日(土)、クランクインは昨日の12月25日、クランクアップ予定は1月下旬!だそうですね。

映画の公式サイトにもありますが、気になるスタッフは、
プロデューサー:佐藤凉一、目黒正之、横塚孝弘、のテレビシリーズと全く同じメンバーと、
越智貞夫(コブラピクチャーズ)氏。
脚本:尾西兼一(テレビシリーズでは、第一章で2本、続章で4本執筆)
監督:橋本一(初回・最終回・各シリーズ最多回数担当)

テレビでは、脚本は坂田義和氏の方がメインという感じでしたが、
尾西氏もかなり重要なエピソードを執筆されていましたね。
目黒P的には「はみだし刑事情熱系」で8年間がっつり一緒に仕事されていますし。


まあ、いきなり映画化で大勝負か!?という思いもないと言ったら嘘になるのですが、
多分もうテレビシリーズは、難しいと思うので、これはアリだと思います。
(※元々テレビはあれで完結したという思いもスタッフにはあったようですし、
また、主演・内野氏の飲酒運転&不倫騒動で、
水9(というか水10→木9からですが)スポンサーの日産が難色を示したという報道が一部あったりしました。
金9・ABC枠の「どや顔サミット」が年末で打ち切りになって、
「臨場3」でドラマ枠復活なんていうガセネタもありましたが。)

橋本監督も「探偵はBARにいる」はヒットしたことですし、
映画ならいろいろ条件がいいんじゃないか!という部分があったのかもしれませんね。
あらすじや、スタッフ編成を見ても、おそらく期待を裏切らない作品になるんじゃないかと私は思います。

絶対に見に行きます。


(オリジナルサウンドトラック 橋本監督のコメントつき)


(スペシャルブック 文庫版。基本設定のおさらいや、続章のために書き下ろされた原作も読めます)

拍手[0回]

PAGE TOP